TEL LINE
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > アスリート向けメンタルトレーニング > 挑戦できる人とできない人の違い②

挑戦できる人とできない人の違い②

2022.02.09 | Category: アスリート向けメンタルトレーニング

前回に引き続きの投稿になります!

前回の内容がまだの人は、2月2日の投稿をチェックしてね♪

 

—————————

前回のあらすじ

—————————

さて、世の中にはガンガン行動できる人と、そうでない人がいる。

そして行動出来ない人がほとんどだ。

なぜならば、人は本能的に新しい環境や新しい挑戦にブレーキがかかるように出来ているからだ!

しかし、昔と違い安全な現代の社会では、そのブレーキが足かせとなってしまい行動できなくなっている。

では、挑戦できる人とはどう言った特徴があるのだろうか?

それは以下の3つがあげられる。

①明確なビジョンを持っている

②ポジティブマインドセット

③環境を利用している

 

今回は②の明確なポジティブマインドセットについてお話ししていきます。

ーーーーーーーーーーーーーー

ポジティブマインドセットとは?

ーーーーーーーーーーーーーー

自分自信に、ポジティブ(前向きな)マインド(考え方)をセットするということ。

つまり、どんなことがあろうと常に前向きに捉えようと決めること!

この決めるということがポイントです。

残念ながらマインドセットを完璧に出来る人はほとんどいません。

だから、無理矢理にでもポジティブに変換するということを決めて行動するんです。

例えば、

サッカー選手がレギュラーになるために頑張っていました。

調子が上がってきてもう少しでレギュラーというところで大ケガを負ってしまいました。

普通の人ならばこんなふうに思うのではないだろうか。

『せっかっくここまできたのに、最悪だ

『なんでこのタイミングで

でもポジティブマインドセットができている人ならば、この出来事をこう考えることができる。

『ここまできて残念だけど、これは成長するチャンスだ』

『今のうちに自分の足りないところを分析して補強しよう!』

もちろん最初からケガした事実を受け入れられないかもしれない。

始めは落ち込んだとしても、すぐに切り替えてポジティブな側面を見ることができます。

この考え方ができるようになれば、失敗が怖くなくなります。

むしろ、失敗やうまくいかないことは、成長するためのチャンスだと捉えることができるのです。

最後に僕の好きな言葉を紹介します。

『事実は1つ、でも解釈は無限』

目の前に起こることは、誰が見ても同じだけど、受け取り方は人それぞれ。

ということです。

あなたもこのポジティブマインドセットを手に入れて、ガンガン進んでいきましょう💪

 

スポーツメンタルコーチ

増川 俊太郎